−ダイビング・リフレックス−

ぬるいお風呂と熱いお風呂に交互に入り、交感神経/副交感神経を交互に働かせる事により、集中力を高めるのに効果的な入浴法(トレーニング)。

ぬるいお風呂で身体が目覚める

36-38度Cは俗に"不感温度"と呼ばれ、その温度のお風呂に入っても身体の疲れをとったりはしません。
しかし、32-34度Cの"ぬるい"と感じるくらいのお風呂に入ると、末梢神経が閉じ、心拍数が下がります(副交感神経優位)。
すると身体を元の状態に戻そうと交感神経が優位に働きはじめ、心拍数を上げます。
交感神経が働き始めるとアドレナリンが分泌され、身体を活動的にしてくれるのです。

熱いお風呂でリラックス

逆に40-42度Cの"熱い"と感じるくらいのお風呂に入ると、心拍数が上がります(交感神経優位)。
すると、身体を元の状態に戻そうと副交感神経が優位に働きはじめ、心拍数を落とし、心身ともにリラックスする事ができます。
以上の事から、練習後や就寝前には熱いお風呂に短時間入るのが効果的です。

皆さん、逆をお考えでは?
自律神経は交感神経/副交感神経の釣合いで、バランスが保たれています。
どちらかが緊張すれば、もう片方が元に戻そうと働くのです。
(このバランスが崩れている"不安定"な人も間々いるのですが...)

交互に入って集中力向上

先の2つの事より、この"ぬるい"と"熱い"を交互に繰り返す事により、交感神経/副交感神経を交互に働かせ、自律神経を活発にする事ができます。
自律神経が活発になると集中力が増すのです。
集中力の訓練をする時には、"熱い"お風呂に入って、"ぬるい"シャワーを浴び、また"熱い"お風呂に入って...と言う繰り返しが効果的です。

戻る