−トライアスロン−

'90年頃だったと思います。同じ寮に住んでいた会社の後輩が、ツール・ド・フランスの特集記事を読んでおり、「自転車ってカッコイイー。でも、どうせやるならトライアスロン!」(謎)と、何故かトライアスロンに興味が沸く。

今まで”競技”と言われるレベルでのスポーツを経験したことがなく、自転車の知識も乏しい私は、近所の自転車屋で、日米富士サイクルの”コナカップ”と言われる、カタログに”トライアスロン用”と書かれ完成車を購入。フレームサイズも「どうせ同じ値段なら大きい方が良い(笑)」と身長170cm程度にも関らず、550と言う私には大きすぎるサイズ。

水泳の苦手な私は、しばらくデュアスロンへのエントリーが続きましたが、'93年、相模原の米軍基地で開催された、初心者向けの大会に出場し、ついにトラ・デビュー。 その後も水泳への苦手意識、オープン・ウォータへの恐怖心から中々抜けれず、また、競技人口の少なさから、デュアスロンで好成績を修めるようになり、トラからは遠ざかる一方。

'97年頃からJSDSが下火になり、トライアスロンへの憧れが再燃!? '99年の「第15回全日本トライアスロン宮古島大会」への出場決定を機に、'99年1月から水泳教室に通い、同大会でロングトラ・デビュー

大会予定と成績

「第15回全日本トライアスロン宮古島大会」完走記
感想文なんて、何時以来だろうか...文才がないので読んでて疲れるかも...


11時間40分12秒総合209位/年代別52位
Swim/1:26:19+Bike/5:47:32+Run/4:26:21

IRONMAN ASIA 2000の参戦記はこちら

 

戻る